埼玉における保育士の求人対策

保育士の求人といえば、集まりにくい、労働条件が良くないというイメージがありましたが、埼玉も保育施設でも同様な傾向があり、募集には苦労していました。



しかしながら、保育施設を運営する事業所や自治体の努力により、ようやく労働条件の改善や職場環境の整備が功を奏し、徐々に雇用数が増えてきました。

Girls Channelに関する情報を提供中です。

そもそも、保育士の労働条件が悪化した理由は、共働き世帯の急増に伴う、保育施設や保育士の需要拡大が原因とされています。

これは、男女雇用機会均等法の施行により、女性が会社で働きやすくなったことに起因するものですが、この法案を可決する際に、ここまで保育施設が不足することが予想されていなかったため、対策が後手に回ってしまった経緯があります。そのため、要員の不足を現有勢力で補おうとした結果、労働条件が悪化するという事態に陥り、退職する人が増加してきたのです。

しかしながら、彼女たちは決して仕事が嫌になって退職したのではありません。

出産や介護などのため、長時間労働が叶わないため、止むなく退職した人が多いのです。



埼玉の保育施設では、こうした事態を重く受け止め、資格を持ちながら働いていない人をターゲットとした求人広告を出稿することにしたのです。つまり、短時間労働を条件とした求人を数多く出すことで、有資格者の雇用の増加を狙ったのです。
この結果埼玉では、保育士の求人に対する応募者数が年々増えてきており、明るくてやりがいのある職場づくりが進んでいるのです。